バリアフリー 手すり

てすり 例4

バリアフリーリフォーム てすり 例4ー1

社長:加藤
社長:加藤
手すりは、立ち歩き運動の補助にも有効です。用途により長さ、向きを変え設置します。介護者が最低限の自活が自分自身で行うことが出来れば、寝たきりリスクを減らすことができます。

バリアフリーリフォーム てすり 例4-2

社長:加藤
社長:加藤
バリアフリーリフォームを行う際は、てすり設置と併せてつまづきによるケガ防止のため、段差の解消を併せて行うことが多いです。こういう何気ない所に、意外と危険は潜んでいます。

てすり 例3

バリアフリーリフォーム てすり 例3

社長:加藤
社長:加藤
ドアの開閉を楽に出来るように、玄関すぐ外、玄関内、トイレ入口付近に手すりを設置しています。ご高齢になると何気ない生活の動作にも力がこめる事が増えてきますので、それをサポートする事が大事です。

てすり 例2

バリアフリーリフォーム てすり 例2

社長:加藤
社長:加藤
①手すりの設置は廊下、玄関、トイレ、風呂、脱衣場等に設置しますが、その際介護者の目線に立って計画します。②手すりと併せて廊下と部屋との段差に、転倒防止の段差解消の傾斜板を設置しています。

てすり 例1

バリアフリーリフォーム てすり 例1

社長:加藤
社長:加藤
トイレのてすりはバリアフリーの基本です。ヒザ、腰などの怪我の防止のため、トイレ動作の補助に手すりを設置します。設置の際、下地が無い場合は下地を壁に打ち、その上に設置します。
設計:加藤
設計:加藤
要介護認定された方は、条件によりリフォーム補助金が支給される場合があります。改修費の上限は20万円で、1割の自己負担となります。施主様の負担額はかなり軽減しますので、是非ご利用下さい。

お問い合わせ
バリアフリーリフォーム一覧へ
トップページへ